PEOPLE

江守 優輝:営業企画 江守 優輝:営業企画

Advance

 

Commerce &Lifestyle

店舗さまにとっての「Wowma!」の価値を最大化せよ。

営業企画/営業企画部

江守 優輝

強固なバックボーンとベンチャースピリットが両立。

前職では、飲食店向けの集客用広告の企画営業を担当していました。自分が関わった広告を通じて人が動き、飲食店の方が喜んでくれるのは面白く、やりがいもあったのですが、その面白さに触れるにつれ、もっといろいろな業界のいろいろなモノを売る場に関わりたいと考えるようになり、コマースの世界を志望しました。そして、2016年にディー・エヌ・エーに入社し、「DeNAショッピング」のECコンサルタントとしてファッション分野を担当。当社の設立に伴って転籍し、新ブランドの「Wowma!」に携わるようになりました。現在は営業企画部に所属しています。KDDIという強力なバックボーンがありながらベンチャースピリットを併せ持つ、独自の企業に進化したと感じています。
※2016年12月、KDDIはディー・エヌ・エーと同社の子会社であるモバオクから株式を譲り受け、KDDIコマースフォワードを設立。「DeNAショッピング」と「auショッピングモール」を担当していた社員は、当社に転籍した上で同業務に携わっている。

店舗さまに、「Wowma!」の意義を感じてもらうために。

現在、特に注力して取り組んでいるのが、新規大手店舗さまの早期立ち上げと育成です。「Wowma!」が競合サービスと並ぶ規模になるためには、今以上に多くの店舗さまに出店していただく必要があります。出店料0円キャンペーンなどで店舗さまの数は急増していますが、その後も「Wowma!」に出店し続ける価値を感じてもらうためのインセンティブ設計や、いかに早く売上を立てていただくか、といった観点からの企画立案と推進を行っています。いわば、店舗さまと向き合うECコンサルタントの方々に強い「武器」を与える役割です。新規開拓チームからコンサルティング部・編成部と、多くの部署と連携を取りながら業務に当たっています。その一方で、「そもそもWowma!の顧客満足とは何か?」という段階から、店舗さまにとって価値のあるモールを模索しています。

挑戦者として「コト」と向き合う仲間たちがいる。

ECコンサルタントに「武器」として渡した企画が、成果につながり始めています。初月で1000万円、2000万円と売り上げる店舗さまも出てきており、徐々に「Wowma!」の価値が高まってきました。なぜ店舗さまは、まだ未熟な点も多い「Wowma!」を使っていただけるのか。以前アンケートを取ったところ、競合サービスよりもECコンサルタントとの距離が近く、「ビジネス」ではなく「商売」として付き合おうとする態度にあることが見えてきました。まだ競合サービスに追いついていない部分もあるからこそ、泥臭い努力も厭わず、コトに向き合う風土があります。途中で投げ出さない人ばかりで、サービスが成長していくど真ん中にいられる。それが、今の当社で働く魅力なのだと感じています。

※業務内容は取材時時点の内容となります。

PEOPLE

営業企画