PEOPLE

菅原 邦代:デジタルマーケティングサービス 兼 CX推進 菅原 邦代:デジタルマーケティングサービス 兼 CX推進

Advance

 

Commerce &Lifestyle

自ら掴む、幅広いキャリアの可能性

業務改革推進/デジタルマーケティングサービス 兼 CX推進

菅原 邦代

どのような課題にも、幅広くプランを提供できるようになりたい。

新卒入社した会社でホテルの接客からキャリアをスタートし、関西の営業支店での代理店営業、auショップで店舗管理を経験し、関東で初となる直営店の立ち上げにも携わりました。店舗管理や育成、対面での接客をやりきったと思い、キャリアの幅を広げるため、CtoC型のECプラットフォームや人材系プラットフォームでカスタマーサポートにも挑戦。カスタマーサポートの仕事も安定してきた頃、toB側のサポートチームでも力を発揮できるのではないかと思い異動を志願。契約管理や購買管理のシステム構築、Salesforceの構築など担当しました。
誰かが何かを頼んでくれた時、幅広くプランを提案できる人でありたいという思いを胸に、常に「いかに、できることを増やすか。」「やったことがない領域に手を広げられるか」と考えこれまでキャリアの幅を広げてきました。

事業成長を支えるオペレーションを大事にするauCLのマインド。

代表 八津川がオペレーションの重要性を理解していたことはauCLへ転職を決める大きな決め手になりました。
一般的にサービスを支えるオペレーション部門はコスト部門と認識され、
あまり日の当たらないことが多いのですが、「私たちの事業は、後ろでオペレーションを支えてくれている人たちがいるからこそ、成り立っている。だからこそauCLではフロント/バックオフィス関わらず評価、表彰する文化がある」と聞いて、率直にいいなと思いました。
どうしても、オペレーションは後回しにされがちです。ちゃんと光を当てて、手をかけて育て、サポートがきちんと機能した状態で、事業全体を大きくしていこうという会社のマインドが良いなと感じました。もともとauブランドにも関わってきている中でも同じマインドを感じていたので、この会社なら大丈夫だろうと考え入社を決意しました。

オペレーション側とシステム開発側を繋ぐ“パイプ”になる

入社後はオペレーションの視点から、機能の要件定義を行っていましたが、次第にシステム開発の視点から、システムのロジックとしてどうあるべきか、考えるようになりました。そこから現在はシステム開発の組織へ異動しています。
システム開発は未経験なので、勉強しなければいけないことが多く、容易くはありませんが、これまでも様々な職種を経験してきたこともあり、あまり抵抗はありません。
「ハードルが高いことに悩むぐらいなら、とりあえず一歩踏み出してみて、それから考えよう」「人がやっていることなんて、神様がやるようなレベルのことはないので、学べば、人に聞けば、何とかなるでしょう!」という気持ちを持ってこれまでも乗り越えてきました。
auCLには、こうした幅広いキャリア形成を奨励する風土や、手を上げてやりたいと言ったことを否定することなく、支援してくれる環境があると思います。これからもオペレーション側とシステム開発側を繋ぐパイプのような役割を担っていきたいです。

PEOPLE

業務改革推進