PEOPLE

元吉 勝也:マーケティング 元吉 勝也:マーケティング

Advance

 

Commerce &Lifestyle

他社がやらない施策こそ、やる。

マーケティング/Wowma!マーケティング部

元吉 勝也

事業者側でコミットの幅を広げたい。

前職はインターネットの広告代理店で大手のクライアントを対象にWeb広告の運用コンサルティングを行っていましたが、コンサルティングを行ううちに代理店がコミットできる幅の限界を感じるようになり、事業者側で働きたいと考えるようになりました。その頃、KDDIコマースフォワードを知り、その瞬間に「ここしかない」と直感しました。ECは関わることができるジャンルが多岐で、かつプロモーションを行う上でKDDIのアセットは大きな武器になると思いました。2017年5月にWebプロモーションの担当として入社した後は、代理店の対面としてリスティング広告やショッピング広告の施策の立案・最適化を代理店在籍時以上に幅広く物事を見られるようになったのは期待通りでした。

外部プロモーションで新規のお客さまを増やす。

プロモーショングループで担っているミッションは、外部プロモーションを通じて「Wowma!」でご購入いただける新規のお客さまを増やしていくことです。EC業界の中で比較的新しいサイトである「Wowma!」は、商品数などで他社サービスより遅れを取っている面もありますが、代理店と媒体と連携しながらプロモーションの運用ロジックを最適化するなどして、ご利用いただけるお客さまは増えてきています。私たちは先行者を追いかけるポジションだからこそ、ショッピング広告の商品タイトルを自動的に書き換えてクリック率を高める仕組みを導入するなど、新しい施策には積極的に挑戦するようにしています。他社なら諦めてしまうことも粘り強く拾い上げているのが、私たちの特徴です。

本質的なマーケティングを追求したい。

高い目標を掲げながらも、個人に大きな裁量を持たせて自由にやらせてくれるのが当社の魅力です。実際に私自身も、スピード感を持ってさまざまな施策にチャレンジすることができています。また、かつて代理店側にいた身としては、主要なKPIを持たせてもらい、事業の成長に貢献できていることも大きなやりがいです。ただし目の前の数字を見るだけではなく、その先にある「本質」をとらえることも不可欠だと感じています。たとえば、新規の顧客の数だけを追うのではなくその後の定着も意識した獲得の計画を策定したりすることは必要ですし、自分のチームが追うべき本質的KPIは何かすべて網羅されているのかということは常に考えるようにしています。
今はチームのリーダーを任されていますが、やがて事業全体の施策まで見ることができる人材に成長し、「本質的なWebマーケティング」を追求していきたいと考えています。

PEOPLE

マーケティング