PEOPLE

富永 慶:サービス本部 富永 慶:サービス本部

Advance

 

Commerce &Lifestyle

知見をシェアし、さらなる課題解決へ。

業務改革推進/業務改革推進部

富永 慶

根本的なソリューションを提供したい。

前職はファッション系ECサイトの撮影や原稿制作を行う会社でディレクションや部署の統括を担当していました。関係者と一緒にイメージをつくりあげていく作業は面白かったのですが、サイトの動線などの課題に対して根本的なソリューションを提供できないところに不満を持つようになり、事業会社への転職を考えました。ECには引き続き携わりたいと考えており、ディレクターのポジションなどでいくつか内定をもらっていたのですが、事業企画という新しいキャリアを提示してくれた唯一の企業がルクサで、キャリアの可能性を感じて2016年1月に入社を決めました。その後は部署の課題解決に必要な数値分析や仕組みづくりなどを担い、2018年10月から現在の部署に異動しました。

Salesforceで業務上の改題を解決する。

現在は事業上の課題を解決する業務改革推進室において、クラウドアプリケーションで有名なSalesforceを用いたソリューションの提供を担っています。Salesforceは営業支援ツールとして有名ですが、ルクサでは営業活動の管理に始まり、商品ページの制作、商品の品質管理、カスタマーサポート、マーケティング、法務など、ほぼすべての業務においてSalesforceを活用し、一連の業務をSalesforce上で連携しながら行っています。私たちは現場の課題を吸い上げて、機能の追加やカスタマイズを行いながら業務のさらなる効率化をめざしています。成果が数字面に現れるのはもちろん、現場の部門から感謝の声をもらえることもやりがいの一つです。課題解決というミッションに終わりはありませんが、クイックに対応していけるのが私たちの強みだと感じています。

課題解決の手段をさらに広げていきたい。

ルクサには若い人材が多く、変化や行動のスピードが早い会社です。その点では、合併によって一緒になったKDDIコマースフォワードとも非常に似ていると思います。私は課題解決が好きで今までの業務にも大きなやりがいを感じていましたが、ルクサとKDDIコマースフォワードはそれぞれ異なる事業を行ってきた会社なので、これからは今までと異なる課題解決に取り組めると期待しています。自身の今後のキャリアビジョンとしても、業務を自動化するRPAの強化など、Salesforceに限らず課題解決の手段を今以上に増やしていきたいと考えています。KDDIコマースフォワードの人材とお互いの知見を交換しあいながら、一緒に課題解決に向き合えるのが楽しみです。

PEOPLE

業務改革推進